このページは私用WordPressの覚え書き兼、テストページです。
「SNSボタン」は、テスト検証用に仮設置しているだけなので、押しても反応しません。

010「固定ページ」を作る

wordpressには、「投稿ページ」と「固定ページ」という2種類のページの仕様があります。


「投稿ページ」とは、日々ブログなどを書く際に使われる通常のページのことで、使われるテンプレートとしては、index.php、single.php、archive.php などがあります。

index.php は、通常何も指定しなければ、たいていはwordpressのtopページに使われているページとなっています。
(最新の10件を表示している等のデザインが多いでしょうか)

single.php は、記事タイトルをクリックした時に、その記事一個分だけが表示されるページの事です。

archive.php は、アーカイブ、いわゆる書庫や保存一覧とされるもので、過去記事を項目別にまとめたリストを表示させるためのテンプレートページです。(月間アーカイブとか、カテゴリー○○○○の記事一覧とか)


「固定ページ」の使い道とは

それに対して「固定ページ」は、通常の「投稿ページ」とは違い、更新しない単体のコンテンツを書くのに使います。

(例えば「管理人について」とか「プロフィール」とかのページです。)


「固定ページ」は動的なページにすることもできる

静的なHTMLのページと似た感じで使われますが、phpのコードを書いて動的なページにすることもできます。
(例えば、記事を投稿すると項目が自動追記されるような「新着リスト」や「サイトマップ」など)


固定ページのテンプレートの優先順位

固定ページのテンプレートは、page.phpなのですが、
wordpressは、まずテーマの中に page-スラッグ名.php がないかどうか探します。

なかったら次に page-ID.php を探します。そのどちらもなければ page.php を読み込みます。
もし page.php すらも作らなかった場合は、最終的に index.php が使われるようになっています。


固定ページのテンプレートデザインを新規作成する

新しく固定ページのテンプレート(page-スラッグ名.php あるいは page-ID.phppage.php)を作る際には、文頭に下記の5行を記述します。

<?php
/*
Template Name: 固定ページの新規テンプレート名
*/
?>

Template Name: は、日本語でかまいません。

これを文頭に記述しておくと、新規の固定ページを投稿する際に、ダッシュボード上でどのデザインの固定ページにするのかを選ぶことができるようになります。

例えば「イラストの目次ページ」と「サイト一覧」を作ると仮定したら、もちろんそれぞれデザインも変えたいですよね。

page-illust.php のTemplate Nameは「イラスト目次」、page-sitemap.php のTemplate Nameは「サイトマップ」などと作っておけば、固定ページを投稿する際に、「目次」か「サイトマップ」か、どのテンプレートデザインにするかを選ぶことができるというわけです。


page.php がない場合に使われるテンプレートは?

page.php を作成していない場合は、「デフォルトテンプレート」しか選べない状態になっています。
page.php がない場合は最終的に index.php が使われることになっていますので、その場合は「デフォルトテンプレート」= index.php のデザインになるということになるかと思います。